天空のmusic

アクセスカウンタ

zoom RSS 十年ぶり

<<   作成日時 : 2010/07/11 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夕方 息抜きに出かけた書店で平積みになっていた

「小暮写眞館」(宮部みゆき・講談社)

を買いました。


以前は「かまいたち」「本所深川ふしぎ草紙」「初ものがたり」などなど

かなり読んでいた宮部みゆきですが、2001年の「堪忍箱」あたりを

最後に、なぜかその後は読んでませんでした。


重松清や奥田英朗、恩田陸などの方に興味が移っていったんでしょうか。


宮部みゆきのことだから読めばきっといいんだろうと思いながら


その後の本は読んでないのでした。


で、この分厚い「小暮写眞館」です。


画像



帯に

「物語のすべてが詰まった700ページの宝箱」

とあります。

時間ができたら じっくり 読むぞー
 



小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
講談社
宮部 みゆき

ユーザレビュー:
これは青春小説?盛り ...
ピカはほんとは何歳? ...
いつのまにやら垣本順 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十年ぶり 天空のmusic/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる