ハッカクレン 2つのタイプ

ハッカクレンという植物があるのを比較的最近知りました

メギ科ハッカクレン属(ホドフィルム属)



八角蓮(別名 六角蓮)のとおり ハスの葉に角があるような

大きな葉の下に 花がついています


画像





この花のつき方が 2通りあって


画像


葉のつけ根に花がつくのが  タイワンハッカクレン





画像


茎の途中に花がつくのが  チュウゴクハッカクレン



と 呼び分けているそうです



原産地は 台湾、中国だそうですが 

植物がきっちりと台湾と中国で棲み分けているのだとしたら

大したものですが それはないよね 



花の後にはボールのような実ができるそうです





ハッカクレン 中国  で連想したのが  


ハクレン(白鰱) です


こちらは魚  まだ実物は見たことがありません


日本にも入っていて


梅雨の時期にジャンプするそうです












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック